特技を持っていると強い

バンドのメンバーで「つかみどころがない奴」がいる。ベースを担当している奴の話だが、こいつは正直なんかよく分からない奴だ。
ものすごい寡黙な奴でこっちが話しかけないとずっと黙っている。
うちで唯一専門学校生というステータスの持ち主だが本当に学校でうまくやれているのか不思議だ。
見た目も地味だし、こいつの人生丸ごとが「ベースのパート」って感じがする。
ベースっていうのは実際ないとサウンドがかなり違うんだが、一般的にはよく分からん楽器だと思う。
ギターと間違われたり、「いてもいなくても一緒」なんて言われることもある。
まあ、あいつの場合は、たとえそう言われたとしても反論せず黙っているだけだと思うが・・・。

そんなベース担当のアルバイトは、なんと居酒屋。
あいつのイメージと居酒屋があまり結びつかないが、厨房で黙々と料理をしているらしい。
いつの間にか魚をさばく腕もプロ級になっているしまさに職人って感じだ。
居酒屋だと遅い時間もあるし、経験者ならかなり時給もよくなってくる。
今も時給だと1000円以上もらっているらしいし実はかなり稼いでいるみたいだ。
ベースの奴は東京へ移っても同じような仕事を探すと思うし、バンドが駄目になってもこいつが一番堅実にやりそうな気がする。
このベースを見ていて思うのは、やっぱり何か特技があると強いってことだ。
確かに俺たちには音楽っていう特技があるんだがそれだけで食うのはかなり難しい。
もっと、それこそ料理とかまともに稼げることに直結した特技があれば最強だと思う。
もちろん、俺たちの目標はメジャーデビューだから「バンドが駄目になったら」なんて考えることじゃない。
でも実際バンドなんていろいろあるもんだから、資格の一つ考えておいてもいいのかなー、なんて思ってしまう時もある。